わんちゃんは、生後3ヶ月くらいまでの間に、どれだけ見て、聴いて、触れるかによって、人(犬)格形成されます。
 この時期に見なかったもの、聴かなかった音、触れなかったものに対し、警戒心や恐怖感を抱きながら生きていく仔は少なくありません。
 いろいろな経験をしながら社会性や適応力を身につけるこの時期を“社会化期”と呼びます。
 わたしは、hundehutteを始めるにあたり、こいぬの社会化期の重要性をすごく考えました。
 それ故、物件探しの際、次の事項を何よりも優先しました。

●『路面店は絶対避ける』
 車や人の往来が激しいことは、お店を始めるには最良かもしれませんが、こいぬの社会化には適さないと考えたからです。
 こいぬの時期はとにかくゆっくり寝かせてあげることが重要です。
 周りが常にわいわいがやがやしていては、寝られないどころか、落ち着くこともできず、常にびくびくしていなければなりません。
 そんな状況で育つということは、心身にいい影響を与えないと考えました。
 hundehutteは、『大丈夫か?』と思うほどいつものんびりしています(笑)
 これもすべて、こいぬの社会化期を重要視するが故の選択だったのです。

●『緑のそばであること』
 わんちゃんには、土や草や葉を踏みしめる喜びをいっぱい経験させてあげたいと常に思っています。
 『土や草や葉の上を歩くのって気持ちいい』と言ってくれるわけではありませんが、緑の中を、土の上を気持ち良さそうに走るその姿が、気持ちの表れだと思っています。
 ですから、神社のそばというのは最適でした。
 幼い頃から土や緑の上をごろごろ転がったり、時に葉っぱや木の枝をくわえて楽しそうに走り回る姿を見ると、ただただしあわせな気持ちになります。


 そして、こいぬをお店に連れてくる上でこだわったのが、こいぬたちのプライスを掲げないということ。
 ペットショップのショーケースにこいぬたちが入れられ、ガラス面にプライスが掲げられているあの光景。
 迎えられないと、どんどん下がるプライス。
 そして、時にプライスの横に赤や黄色の派手な文字で一際目立つように掲げられる『SALE!』『大特価!』のポップ。
 胸が苦しくなります。
 “わんちゃんたち” を、“命” を、『商品』『売り物』『物』としてしか捉えていないやり方はしたくない。

『プライス表示してないんじゃ売れないよ。売り物ってわからないじゃない。』
 これは、開店時より言われ続けている言葉です。
 わたしは、“命” を前にして『売り物』と平然と口にする方、そういう心持ちの方とは微塵も関わりたくない。
 ましてやお店にいる仔をお渡しするはずもない。
 今も昔も変わらずにある想いです。

 こいぬは、誰に迎えられるかによって、人生(犬生)が決まります。
 だからこそなによりもまず、“この仔を迎えたい” という気持ちが本当にあるのか、そして、その気持ちの強さ(真剣さ)が本物なのかを知りたい。
 迎えてから起こるいろいろなことを乗り越えていくという強さが本当にあるのかを。
 おさんぽをする。ごはんをあげる。トイレの片付けをする。といった日々のお世話はしてあげられるだろうか。
 想像したくないだろうけど、病気や怪我をしてしまうこともあるかもしれません。
 もしそうなった時、誠心誠意、ずっと付き添って看病をする覚悟が自分にはあるだろうか。
 命を迎えるということは楽しいだけじゃないんです。
 お金の話なんかは二の次でいいんです。
 なによりもまず、命を迎えることの重さを真剣に考えてから。


 これはすべて、わたしの、hundehutteのこだわりであります。
 そしてこのこだわりを貫き、お店を続けていくことこそが理想です。
 ただ、最近、わたしのこだわり、理想のためにお店にいるこいぬたちの迎えられる時期を遅らせてしまっているのではないか、妨げになってはいないだろうかと悩むことがあります。
 プライスを掲げていないことで、お店にいる仔、webで紹介されている仔を見ても、この仔がどんな仔なのかわからない。
 この仔は迎えたいという気持ちがあれば迎えていい仔たちなのか、それとも看板犬なのか。明確でないが故に迷わせてしまう。
 社会化期の大事さを考え、車や人の往来が激しい場所を避けたことで、ここにわんちゃんたちがいるということが知られないでいる。
 わんちゃんとの楽しい生活を夢見ている気持ちに水を差すかのように、こいぬを迎えることを今一度考えてくださいと苦言を呈す。
 間違っているとは思わないし、こだわり、理想は曲げることなく貫く所存でありますが、自分はこだわりや理想を貫くだけの力がまだまだ不足している。
 そのせいで、こいぬたちが迎えられる時期を遅れさせている現実に悩み、こいぬたちに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
 胸が痛い。
 胸が苦しい。
 理想と現実の狭間でもがいている。

2008.3.29 Saturday




追記

★これは過去に書いたもの。
 今なお、理想と現実の狭間でもがいている。抜け出せずにいる。
 ビションフリーゼのおんなのこちゃんは順調に成長し、表情や動きがとても豊かで、とってもかわいい。愛おしい。
 こんなにもかわいい仔なのに、わたしの元にいるせいで迎えられる機会を失ってはいないだろうか。
 申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
 ビションちゃんの笑顔を見るたび、胸が苦しい。

2008.8.24 Sunday





2008年3月と8月に書いたもの―

2013年10月現在、ここに書いたことに関しては、今なお悩み続けている―

おそらく解決なんてないんだろうな…

ずっともがき続けるんだろうな…






Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM