今年で10歳を迎えるはずだったうちの仔の死去の折には、ご芳志を賜りましてまことにありがとうございました。

 明日、三月十六日(日)、一月三十一日(木)に亡くなったうちの仔の四十九日の法要を営むこととなりました。

 四十九日にはまだ少し早いのですが、日程を調整し、三月十六日(日)と致しました。

 まだ、気持ちの整理がつきません。

 気持ちの整理なんて一生つかないかないことでしょう。

 つけたくもないし。

 亡くなったあの日のことがいつも思い出されます。

 あの日以来、眠れずにいます。

 それでも時間は何事もなかったかのように過ぎるものです。

 後悔の気持ちを一生抱えながら生きることはとてつもなく辛いです。

 でも、亡くなったあの仔のことを思うと、辛いだなんて言えません。

 もっともっと生きたかっただろうあの仔のことを思うと、わたしや家族のみんなの辛さなんて話にならないでしょう。

 早く生まれ変わって、また目の前にあらわれてくれないかと願うばかりです。

 また一緒に遊んだり、おさんぽしたりする日がくることを…

 手を握りながら一緒のふとんで眠るしあわせな日々に戻れることを…

 毎日毎日、願っています。

 そして、ごはんをいっぱい食べさせてあげるんだ…

 おなかいっぱい食べれて満足な笑顔を早く見たいなぁ…

 毎日毎日、願っています。

 話が少し逸れてしまいましたが、法要を営む関係で、明日、お店をお休みとさせていただきます。

 毎週月曜日を定休とさせていただいておりますので、十六日(日)、十七日(月)と連休とさせていただきます。

 ご迷惑をおかけ致します。

 よろしくお願い致します。





Related Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM