身体を作る源―

それが、食。

何を食べ、何を飲むか―

それが身体を良くもすれば、悪くもする。


私たち人間は、「何を食べ、何を飲むか」を選択できるが、犬はそれができない。

家族であり、信頼する者より与えられた食物を喜んで食べる。

それがどんな食物か疑うことなんてしない。

与えられた喜びを感じ、口にする。


自ら口にする食物を選べるのなら身体への影響は自らが負うだけ。

だが、犬は違う。

身体、健康の責任は、すべて人に委ねられている。

家族であり、信頼する者に委ねられている。


食の大切さ、身体への影響は、考えている以上に大きい。

自らの選択により、大切な我が仔の身体を蝕むこともある。

耳が痛い。

胸が痛い。


食について考え直そう。

そして、実践しよう。

とはいえ、知識も技術も無い。

自分にあるのは想いだけ。


でも想いというのは大切で、

その想いは人の心に届き、

人と人を繋ぎ、

想いは形になっていく。


愛する仔のためにフントヒュッテはフード作りを始めます。

フードには多くの方の想い、知識、技術が込もっています。

知識も技術も無い自分なんかの想いを受け入れてくださり、

心より感謝申し上げます。


食の大切さ、身体への影響を気付かせてくださったお二人。

フード作りを担ってくださる方々。

皆様に感謝申し上げます。

心より感謝申し上げます。

フントヒュッテ