私たちは今、被災地、被災者、そして、亡くなられた方々を思い、行動・言動を自粛している。

自粛するのは当然だし、なにより自然と自粛するのが心ある人間だ。

だが今、その自粛が自分たちの行動・言動を窮屈にしてはいないだろうか。

今、一歩間違えると“不謹慎”と言われかねない風潮がある。

故に行動すること、発言することを皆が控えているように見受けられる。

どの行動が“不謹慎”なのか、

どの発言が“不謹慎”なのか、

誰にとって“不謹慎”なのか、

今、皆がビクビクしていやしないだろうか。

「営業を自粛しようと思います。」

店頭・ホームページにこんなことを書き示していたお店があった。

気持ちはわからなくはないが、止まってどうする!

止まってどうなる!

自分たちが、自分たちの生活を生きないでどうする!

こんな時にだからこそ生き抜かないでどうする!

私たちは、自分たちの生活を止めてはいけない。

自分たちが止まることは、経済が止まることを意味する。

経済が止まることは、日本の終わりを意味する。

大袈裟な言い方に思う人もいるかもしれないけど、決して大袈裟ではない。

仕事を止めれば、自分たちが生きていけなくなる。

誰かの為の自粛で自分が生きていけなくなってはいけない。

従業員を雇っているなら、従業員、そしてその家族も生きていけなくなる。

誰かの為の自粛ですぐそばの仲間が生きていけなくなるなんていいわけがない。

趣味や娯楽もそうだ。

自粛することで、それを生業としている人たちは収入を得られなくなる。

とてもデリケートなので、趣味や娯楽を以前のようにおこなうのは難しいとは思うが、以前と変わらぬ生活を送ることはとても有意義で有益なんじゃないだろうか。

とても大事なんじゃないだろうか。

最も力強い行動なんじゃないだろうか。

ウン十億円も募金できないけど、一人一人が自分の生活を生きることが、経済を、日本を動かしている。

金額のように目に見えないけど、自分の生活を生きることがすべてに繋がる。

そう思っていいと思う。

私も多かれ少なかれ自粛しているが、少しずつ以前と変わらぬ生活を取り戻そうと思う。

このhundehutte.netもそう。

止まってはいけない。

前に進まなければいけない。

自分の仕事を、やるべきことをやろうと思う。



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM