ビションちゃんとコミュニケーション(意思疎通)を量れるよう少しずつ練習を始めてみました。
練習始めてすぐのビションちゃん、そわそわうろちょろしてますね〜。
まぁ今回が初めてですし、なによりまだ生後2ヶ月足らずのあかちゃんですからね。
しかたない、しかたない。
これから、これから。
で、ビションちゃんのすごいところですが、初めてコマンド(指示)出されているのにアイコンタクトもマテもおぼろげではありますがわかっているところ。まだなんとなくですけど。
人の話をまったく聞かずに飛びついたり、わーっ!と駆け回ったりせず、言葉を聞こうとする姿勢が見受けられます。
これ、すっごい能力。
人の動きをしっかり観察する、人の言葉に耳を傾ける、これができるビションちゃんは覚えもとても早いでしょう。
練習始めてすぐのそわそわうろちょろは、少しずつ練習して集中力を身に付けさせればいいのです。


まずはアイコンタクト、マテ等がどういうものかを教えます。
そりゃそうだ。
これ、教えなきゃ始まらない。
ポイントとして、コマンド(指示)した動作を少しでもしたら(細かく言うと、動作に入ろうとした瞬間がベスト!)褒めます(ご褒美も可!)。
この場合を例にすると、『こっち見る!(アイコンタクトして!)』というコマンド(指示)に対し、ふと見た瞬間に褒めています(ご褒美をあげています)。
すると、『あれ?この言葉にこうすると褒めてもらえるぞ!』とうれしくなってきます。
このうれしいが大事。
うれしいこと、楽しいことは何度でもしたくなる。

あとはその繰り返し、繰り返し。


練習始めたばかりから比べると、ちょっとよくなってきたでしょ?
繰り返し、繰り返し。
そうそう、ここでまたひとつポイントがあります。
それは、練習時間です。
いろんなことを早く覚えて欲しい気持ちから長くいっぱい練習してしまいがちですが、それはNOです。
練習は時間にして5分程度です。
上3つの動画の時間を足してみるとわかりますが、練習時間3分弱なんですね。
こいぬは集中力なんて何十分も持続しません。飽きます。
そして飽きてもやらなければいけないとなってくると、嫌気がさします。
先にも書きましたが、うれしいや楽しいは続きます。やる気になります。
嫌な気持ちを芽生えさせないようにしましょう。
なので、短時間集中を心掛けます。


あ、飽きてきた。
『もういいよ〜』なサイン。
で、これもポイントなのですが、ここで練習をやめてはダメです。
飽きたから、集中力切れたからやめるでは、それでいいと思い込みます。
練習の終わりはちゃんとやることやって、褒めて終わること。

これ、本当に大事。
ただちょっと飽きる気持ちもわかるので、ちょっと一息いれましょ。


きゃっきゃっきゃ。
いい表情してる。
おなかをなでたり、いっぱい話しかけたり、いっぱい触れて、信頼を深める。
簡単に言うと、いっぱいなかよくなる。
これもとっても大事。
物じゃないからね。
心があるから。
いっぱいなかよくなって、で、もっともっとなかよくなりたい!もっともっと互いを知りたい!って思うようになる。
そういう関係になっていかないと何をやってもうまくいかないよね。



ビションちゃん、オスワリできましたね。
いっぱいおりこうさんできました。
練習の終わりはこんなふうにちゃんとやることやって、褒めて終わる。
これもとても大事。
この繰り返しによりコミュニケーション(意思疎通)を量れるようになります。
明日もいっぱい楽しんでやろうね。



《 ビションフリーゼ 》

お誕生日:2010年2月21日
性別:おんなのこ
カラー:ホワイト



☆ビションフリーゼのこいぬちゃんを見てみたい、会ってみたい、そして、家族に迎えたいという気持ちをお持ちの方のご来店、ご連絡を心よりお待ちしております。



ビションフリーゼのこいぬに関する最新情報はhundehutte.netの他にビションフリーゼ専門webでも紹介していますので、こちらもご覧ください

→→→ 『ビション♪ビション♪ビション♪』



〜 おまけ 〜





20090211 アイコンタクト マテ スワレ

『マテやスワレをどうやって教えているんですか?』
という質問を多くの方からいただくので、過去に当webに掲載したものを参考にお答えいたします。
お答えいたしますとは言いましたが、わたしはドッグトレーナーではないですし、ガチガチないわゆる “しつけ” や “トレーニング” を教え込む(叩き込む)みたいなことは好きではないのでしません。
自分のことさえしっかりできない人間なわたしが、なんでわんちゃんたちに教えられるんだって思いますし。
わたしがやるのは、人とコミュニケーションをとることが楽しいということをわかってもらうよう努める、人と暮らす上での最低限のルールを教えるといったことです。
一番上の動画を見ていただければわかってもらえるかもしれませんが、なんかゆる〜くはじめてますよね(笑)
これには、ガチガチにやることでわんちゃんが、
『いやだなぁ〜…』
という気持ちになったりしないようにするという意図があります。
でもこれ、ドッグトレーナーの人とか見たらすっごい怒られそうですが(苦笑)
『やるならきっちりやれ!』
みたいな。
まぁそれはそれということで。
では、話を戻します。
そんな感じでゆる〜くはじめてはいますが、ここにとても大事なことがあります。
それは、“アイコンタクト” です。
わたしは、この “アイコンタクト” がわんちゃんとコミュニケーションを取る上で最も大事だと思っています。
“アイコンタクト” をしっかりすることで互いの意思の疎通が取れると思っています。
何よりも大事だし、“アイコンタクト” ができてからすべてが始まると思っています。
そしてゆる〜くはじめて場を和ませ、互いに意思の疎通が取れたと思えたら徐々に本格的にやります(上から二番目の動画参照)。
コマンド(指示)は、わんちゃんにちゃんと伝わるように、ゆっくり、はっきり、しっかりと声に出して伝えます。
そして、コマンド(指示)通りの動作をしたら(動き出したら)、褒めてあげます(または、おやつをあげます)。
あとはもうこの繰り返しですよね。
特別な何かはないんですね。
あたり前のことをあたり前にやるだけです。
そう思っていますし、そうしています。
なんかあまり参考にならなくてすみません。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM