ビションフリーゼ、トイ・プードルなどの長毛種は、自分の力だけで身体を清潔に保つことができませんしょんぼり
ブラッシングやコーミング(コームで毛を梳いてあげること)は、わんちゃんの身体を健康に保つためにも大切なことです嬉しい
ビションちゃんもレッドくんも毎日ブラッシング&コーミングしています楽しい

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング1
ビションちゃん『なんでちゅこれ?』

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング2
ブラッシング♪ブラッシング♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング3
目元、口まわりはコームを使ってきれいに楽しい

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング4
コーミング♪コーミング♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング5
寝ながらコーミング♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング6
ツッパリしてみたり!?(笑)

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング7
ビションちゃん『あちょばないでくだちゃい…』

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング8
気を取り直してコーミング♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング9
顎下も忘れずコーミング♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング10
ブラッシングもコーミングも大好きなビションちゃん♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング11
終止リラックス♪

そして…

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング12
ふわふわふわ〜ぴかぴかぴかぴかぴかぴか

ビションちゃん、ブラッシングもコーミングも大好きないい仔ちゃんハート大小
ふわふわかわいくなりましたハート大小
と、横を見ると…

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング13
じーっ…

自分もブラッシング&コーミングをしてもらいたいレッドくん。
横目でこちらを見ながら呼ばれるのを待ってました。
ごめん、ごめん。

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング15
レッドくんの毛量は本当に素晴らしい!

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング14
指が毛に埋まっちゃうもんね!

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング16
毛が多すぎてどれが頭でどれが手足かよくわかりましぇん汗汗汗

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング17
かろうじて目が確認できました楽しい

ブラッシング&コーミングを終えると…

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング19
もこもこもこ〜♪♪♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング18
もこっ♪♪♪

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング21
指が埋まる!

20090609トイプードルのレッドくん&ビションフリーゼちゃん、ブラッシング&コーミング20
素晴らしい毛量!

トイ・プードルのレッドくんもブラッシング&コーミングが大好き♪
嫌がることも抵抗することもなく、とってもおりこうさんです♪




ビションフリーゼ、トイ・プードルなどの長毛種は、自分の力だけで身体を清潔に保つことができません。
ご家族の方がブラッシングやコーミングで抜け毛やフケ、汚れを落とし、毛並みを整えてあげることが必要になります。
ブラッシングやコーミングは、わんちゃんの身体を健康に保つためにも大切なことです。
からんだ毛をそのままにしておくと毛玉になり、皮膚病を起こす原因となることも。
ブラッシングは血行を良くし、新陳代謝を高める効果もありますし、わんちゃんの健康状態をチェックするのにも役立ちます(身体のどこかに触れた時、嫌がったり、急に吠えたり、噛みつこうとするなどの行動がみられましたら、それはその触れようとした部位に何らかの異常が起きている疑いが。その後も同じ反応を繰り返すようなら動物病院で診てもらってください。)。
ブラッシングの時間をわんちゃんとのスキンシップの時間と考え、やさしく話しかけてあげながらおこなってあげてください。



わんちゃんと一緒に楽しみながらブラッシング&コーミングをしましょう。
ブラッシングやコーミングは無理矢理やったりしない。
そして、痛い思いをさせないよう気を付けてあげてください。
一度痛い思いをすると、『ブラシ=痛い』と頭にインプットされ、ブラシを見ただけで逃げ出すようになります。
やさしく声をかけながらブラッシングをしてあげることで、ブラッシングの時間をしあわせな時間だと思わせてあげるよう心がけましょう。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM