秋田犬マサル、ロシアで大人気 「そろって来日を」とザギトワ選手.jpg
フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手と愛犬マサル(ザギトワ選手のインスタグラムより)


 平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)に日本から贈られた秋田犬マサルの人気が、ザギトワ選手の母国・ロシアで高まっている。ザギトワ選手は写真共有アプリ「インスタグラム」などにマサルの写真を掲載。ロシアの大手メディアもたびたびザギトワ選手とたわむれるマサルの様子を報道しており、存在感は日本からプーチン大統領に贈られた秋田犬ユメを上回るほど。ザギトワ選手は「一緒にマサルの故郷に行ってみたい」と、そろって来日する夢を抱いている。

 ザギトワ選手と愛犬マサルの物語は、ロシアではスポーツやフィギュア関連のニュースの枠組みを超えた話題として取り上げられている。

 タス通信は2月22日、「アリーナ・ザギトワはマサルと一緒に練習に現れた」と報道。ザギトワ選手は現在、3月下旬に日本で行われる世界選手権に向けて練習に励んでいるが、モスクワ市内にある練習場にマサルを連れてきて、リンクの上で一緒に“滑った”というのだ。

 その様子を、選手らを厳しく育てることからロシアで「鉄の女」とも言われているザギトワ選手のコーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏が撮影し、自身のインスタグラムにアップ。映像には、ザギトワ選手の傍らでリンクの上に寝転ぶマサルの愛らしい姿などが映し出されている。トゥトベリーゼ氏は「練習プロセスのクライマックス」とも記し、多くの「いいね」やコメントがついた。

 マサルが1歳になる誕生日の2月16日、ザギトワ選手は全世界に50万人以上のフォロワーがいる自身のインスタグラムにロシア語、日本語、英語でメッセージを寄せた。

 日本語バージョンには「今日、マサルが1歳の誕生日をむかえました。私の愛犬、誕生日おめでとう!あなたがいてくれて私は本当に幸せで、あなたは私の支えであり、私を鼓舞してくれる存在です!これからも素直で元気に過ごしてくれることを祈っています」と、あふれる「マサル愛」をつづっている。

 ロシアでは、ザギトワ選手がマサルをかわいがっている様子が日本のバラエティー番組で頻繁に取り上げられていることや、マサルが日本の寝具メーカー「エアウィーヴ」のCMに登場していることも伝えられている。2月上旬にロシア国営テレビ局RTのインタビューでマサルの存在について聞かれたザギトワ選手は、「マサルはいつも全ての面において私を助けてくれる。遠征の時は会えなくて、寂しい。両親がマサルの写真と動画を送ってくれる。私はそれを見てすぐに気分が盛り上がるのです」と、家族同然の大切な存在だと語っている。

 日本に来るのを毎回楽しみにしていることも明かし、「マサルと移動するのは難しいのですが、いつか一度、マサルと日本に行ってみたい。マサルの故郷を訪れてみたいのです。2、3年ぐらい日本に住むことができたら」と自身の夢を打ち明けた。

 ロシアからペットの犬を日本に入国させる際には、マイクロチップによる個体識別、複数回の狂犬病予防注射、さらには狂犬病抗体検査などについて必要事項が記された、政府機関発行の証明書が必要となる。

 場合によっては半年以上かかるが、すでに日本政府が調整役となって、ザギトワ選手とマサルを「日露関係の友好の懸け橋」として一緒に来日させようという動きも出ている。

 ロシアメディアのスプートニクも1月下旬、「もうすぐマサルと私、日本に行くんです」とザギトワ選手が発言したと伝えている。3月の世界選手権なのか、その後なのか。実際に一緒に来日した際は、大フィーバーになりそうだ。

産経新聞 2/26(火)付記事抜粋





Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM