第21回総合写真展の受賞者が“鳥たちを光や音で刺激を与えて意図的に飛び立たせ撮影した”とコメントし炎上していた問題で、写真展を主催する国際文化カレッジは当該作品の公開と受賞者コメントの公開を停止したと発表しました。

鳥 第21回総合写真展 “鳥に刺激を与え意図的に飛び立たせている”とTwitterで炎上 総合写真展の受賞作品、サイトの掲載取り下げ_1.jpg


 この作品は鳥の群れが湖面から飛び立つ様子を写したもの。「衆議院議長賞」を受賞したため、当初は受賞者の顔写真、本名、受賞コメント付きで総合写真展のサイトに公開されていました。しかし、受賞者が「鳥を飛び立たせるために音や光で刺激を与えた」とコメントしていたことから、Twitterでは「無神経だ」「憤りを感じる」などの批判が相次いでいました。

 国際文化カレッジはこの受賞者コメントを掲載した経緯について、「動物愛護の観点からも撮影マナーの観点からも褒められたものではない」としつつ、「この行為が虐待にあたるとまでは認識しておらず、行き過ぎはあったが創作行為の範疇と判断していた」と説明。しかし、多くの人が不快な思いをしており、同様の手法による撮影を助長する恐れもあることから作品とコメントの非公開を決めたとしています。

 国際文化カレッジは今後、撮影時点で動物に負荷を与える行為があったことが明らかな作品は審査の対象から外すなど、厳格な姿勢で臨むことを明言するとともに、「主催者として配慮が至らなかったことを深く反省し、あらためまして心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。

ねとらぼ 6/11(月)付記事抜粋





野鳥撮影ではびこる悪質なマナー 観察ルールを無視して「おまえの鳥か?」とクレーム

「野鳥撮影」について、ある議論が巻き起こっている。第21回総合写真展の受賞作品の一つに、湖面から鳥の群れが一斉に飛び立つ様子を撮影したものがあったが、実際は「音と光で刺激を与えて、意図的に飛び立たせたものだった」というのだ。人物が被写体なら肖像権などを盾に撮影を拒むこともできる。だが、抗弁もせず、黙々と撮影愛好家を受け入れ、自分の身を汚し、時に命を絶つのが自然界の生き物である。発売中のアサヒカメラ特別編集ASAHI ORIGINAL『写真好きのための法律&マナー』では、野鳥撮影のマナーについて「鳥の生態を知らない愛好家の問題」を特集している。人気撮影地でいま、何がおきているのか。いま一度、この問題を検証したい。

鳥 第21回総合写真展 “鳥に刺激を与え意図的に飛び立たせている”とTwitterで炎上 総合写真展の受賞作品、サイトの掲載取り下げ_2.jpg
「バードウォッチャーは鳥のことを考えてむちゃな撮影をする人は少なかったんですけど、そうでない人は鳥よりもいい写真を優先するのです」

*  *  *

 野鳥撮影の人気が高まるにつれ、さまざまなトラブルが起きている。野鳥や自然の環境保護を目的とし、バードウォッチングの普及活動などを行っている公益財団法人日本野鳥の会が、2012年に全国90 支部にアンケートを実施したところ、鳥や周辺環境に影響を及ぼした可能性がある事例が65件報告された。たとえば――。

■サンコウチョウの営巣中に、同じ写真を撮影させまいとする写真愛好家が巣を枝ごと撤去する事件が起きた。巣の前で陣取る人たちに注意をしても、いっこうに減らない。
■畑にタカが舞い降りたのを見つけた写真愛好家が近くで撮影しようと狭いあぜに車を乗り入れたところ、あぜが崩れて車が動けなくなり、農家にも迷惑をかけた。
■珍しいモズが確認されて多くの人が集まったため、観察ルールを設けたところ、「おまえの鳥か? 何の権利があって俺に指示をするのか?」とクレームをつけられた。

「野鳥観察には鉄道と同じように、鳴き声を録音する、旅をしながら鳥を観察する、鳥の図鑑を集める、などと幅広い楽しみ方があります。撮影はその一つです」

 そう話すのは、日本野鳥の会普及室室長の富岡辰先さん。近年のトラブルは、野鳥の生態を知らない写真愛好家の急増にあると感じている。

「かつてはバードウォッチングの先に撮影があったのですが、デジタルカメラが普及したことや、団塊世代の定年退職者が急に野鳥撮影を始めるようになったことで撮影人口が急増しました。バードウォッチャーは鳥のことを考えてむちゃな撮影をする人は少なかったんですけど、そうでない人は鳥よりもいい写真を優先するのです」

 それが度を越して、法律やマナー違反が絶えないという。

「法律面では、鳥獣保護法や自然公園法、自治体の公園条例などの法律・法令違反や、私有地の不法侵入や駐車違反などです。マナー違反は、巣に近づかない、餌付けはしないといった鳥に対するものと、三脚が通行の妨げになるといった人に対するものがあります」

 特に営巣中の写真は問題が多いという。巣があるところでは確実に野鳥が撮影でき、ヒナに餌をやる様子も見ることができる。しかし、人が多く集まることで鳥が巣を放棄してしまうこともある。

 日本野鳥の会は毎年、「ワイルドバード・カレンダー」の写真コンテストを実施しているが、巣やヒナ、営巣中など繁殖行動に影響を与えたと思われる写真や、巣立ち後間もない親子の写真は採用しないことを明記。餌付けや自然に手を加える行為も禁じており、これらへの同意がないと写真を受け付けていない。

「4、5年前から応募が急増しています。やらせなどの不自然な状態で撮影されたものや、鳥が緊張している状態かどうかは見ればわかりますので、そうした写真は選考前に除外しています」

 他の団体が主催した自然写真コンテストの作品でも、巣やヒナの写真など野鳥の生態に影響を与えていると思われる写真があれば、主催者に申し入れを行うこともある。

「写真コンテストの審査員が選考する前に、生態に影響がない写真なのか、マナー違反ではないか、発表することによって悪い波及効果がないかといったチェックを行う流れを作りたいと思っています」

 多くの人の目に触れるコンテストや写真集などでマナー違反の写真の露出を減らすことで、悪質な撮影トラブルが収まることを期待している。

「マナー違反をしてまで撮影した写真を発表しても、誰にも相手にされなければ、そうした行為も減るはず。日本野鳥の会が発行する会報誌でも、掲載する写真には細心の注意を払い、撮影地や時期なども細かく記さないようにしています」

 最近はSNSの普及により、誰かが珍しい鳥の営巣行為の場所を紹介すると、翌日には何十人もの撮影者が集まることも珍しくないという。

「あまりにも人が集まりすぎてしまい、カメラマンに注意してもらちがあかないので、地元の人が怒って鳥を追い払ったケースもあります」

 同会では、キヤノンマーケティングジャパンとともに2014年、「野鳥撮影マナーブック」を作成し、「野鳥撮影のマナー7カ条」を掲載。

「野鳥撮影者を見ると『日本野鳥の会の会員だ』と思われてしまうのですが、会員ではない方も大勢いらっしゃいます。だから広くマナーの啓蒙が必要だと感じています」

 野鳥撮影愛好家が自主的に撮影マナーを守る動きもある。

「タンチョウが生息する釧路湿原では、地元の農家が農地の一角を開放してくれ、撮影者もマナーを守るようになっています。こうした場所が増えていけば、理想的ではないかと思います」

AERA 6/12(火)付記事抜粋





Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM