アメリカのデルタ航空で、搬送中のペットの犬が、経由地の空港で死んでいるのが見つかり、会社側が調査を進めている。

この犬は5月30日、アリゾナ州からニュージャージー州に向かうデルタ航空の国内便に乗せられたが、経由地のミシガン州デトロイトの空港で死んでいるのが見つかった。

死因は、わかっていないという。

飼い主の弁護士によると、事故後、袋に入れられた犬の死骸と、血のついたブランケットが飼い主に戻されたということで、この弁護士は、原因究明のために警察に届け出た。

飼い主は、「犬や動物は、ただのペットではなく家族。家族の一員を失った」と語った。

デルタ航空は、「2度と起きないよう、徹底的に調査している」とコメントしている。

FNN 2018年6月5日付記事抜粋





Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM