バンッ!という音と共に電気が消えた。
ブレーカー?
大丈夫。
停電!?
いや、店以外の電気はついてる。
まさか、未払い!?
いやいや、払ってるって!
電力会社に問い合わせ。
ブレーカーも問題なく、地域一帯に停電情報も出ていないとなると、漏電が疑われるとのこと。
…ナヌッ!?漏電!?!?!?
分電盤を見てみると漏電遮断器が落ちている。
漏電してるってこと!?!?!?
漏電遮断器のスイッチを上げてみる。
スイッチはしっかり上がり、何の問題もなく電気がついた。
どういうこと?
電力会社によると、漏電遮断器が何らかの影響で反応した可能性があるとの見解。
何らかの影響?
それ(漏電の原因及び箇所)について調べることは可能だが有料であるということと、調査はできるが工事はできないとのこと。
なにそれ?
電力会社によると、このまま電気が通常通り使用可能なら何らかの原因で一時的に漏電遮断器が反応しただけで問題ないとのこと。今日一日様子を見て、また電気が消えるようなら漏電している可能性が高いので工事が必要との見解。
どちらにせよ怖いし、何のため調査を依頼することにする。
でも電力会社は使わず、設備屋さんにお願いする。
「調査はできるが工事はできない」って、ねぇ。
お店を長くやっていると、いろいろありますな。