1日に最低1.5ℓの水を飲むほどの水生活をしているわたしは、Volvic(ボルビック)のおこなっている『1ℓ for 10ℓ』というプログラムに賛同し(『1ℓ for 10ℓ』とは、Volvicのお買い上げ1ℓごとに、アフリカに清潔で安全な水が生まれるというプログラムで、2008年6月20日現在、167,273,539ℓの水がアフリカのマリに生まれている。)、Volvicを好んで飲んでいる。
 そして、Volvicを飲み終えたら、そのVolvicのペットボトルのキャップを集めている。
 以前からこのwebでもお伝えさせていただいていますが、ペットボトルのキャップを集め、そのキャップを再資源化事業者へ売却し、その売却金で世界の子どもたちにワクチンを届け、命を救おうという運動があります。
 いつも捨てているペットボトルのキャップが、世界の子どもたちの命を救うことができます。
 ほんのすこしの行動で命が救えるんです。
 微力でしかないかもしれないけれど、やらずにはいられない。
 ほんの少しの行動で誰かが救われるのなら、やらずにはいられない。
 このwebを見てくださっている方から、
『わたしも集めるようにしています。』
 といったお言葉をいただき、大変うれしく思います。
 すべてはつながっています。
 ほんのすこしの行動で命が救えることがあります。
 やらずにはいられない。


ペットボトル1

ペットボトル2


★もっと詳しくお知りになりたい方は、NPO法人 エコキャップ推進協会のHPをご覧下さい(NPO法人 エコキャップ推進協会のHPはこちら

★わたしの知るところですと、上富士の交差点にある朝日信用金庫で集めていました。





Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM