平成二十年一月三十一日(木)にうちの仔が亡くなってから、母は元気がない。

 あの仔が亡くなる前と変わらないように見える人もいるようだが、そんなわけはない。

 うちの仔は母にべったりで、母はうちの仔にぴったり寄り添っていた。

 いつも一緒だった。

 こんなにもわんちゃんを愛する人をわたしは知らない。

 そんな母の前から突然、ありったけの愛情を注いだ仔いなくなったのだ。

 普通にいられるわけがない。

『時が経てば痛みは和らぐ。』なんて言う人もいるけれど、そんな簡単にはいかない。

 他人にわかるはずもない。

 母のぽっかり空いた心が埋まるよう、

『しあわせだね…』

 母の口からそんな言葉が聞ける日がくるなんて。

『母の日』らしいことがすこしはできたかな。





Related Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM